眩暈、ふらふら、鼻が痛い
《目次》

タミフルはインフルエンザの薬なのですが、服用すると5%程度の確率で副作用が出てしまうと言われています。
しかし、服用することでインフルエンザを早く治すことができますし、多くの人が利用しているということです。
この薬を服用したいという場合、副作用の発生頻度やどのような症状が出てしまうのかを確認しておきましょう。

タミフルの主な副作用としては、頭痛や悪心、嘔吐、眩暈、眠気、腹痛、発疹、胃腸障害、下痢などとなっています。
ちなみに、重篤な副作用の発生頻度は0.05%程度の確率とされています。
インフルエンザ自体にも頭痛や悪心などの症状はありますが、タミフルを服用して10分~数時間後に頭痛や悪心などの症状が出てしまった場合、タミフルの副作用と考えられます。

タミフルで服用後の下痢に注意

下痢タミフルはインフルエンザの薬としてよく知られていますが、下痢の副作用が出やすいと言われています。
タミフルの副作用が平均すると5%の確率で出てしまいますし、0.05%は重篤な副作用のリスクがあります。
病気を治すためといっても副作用があると心配になってしまう人もいるでしょう。
しかし、きちんと知っておくことで安心して服用できるようになるのです。

下痢だけでなく腹痛や頭痛、悪心、発疹、胃腸障害などの症状も出やすいことが分かっています。
消化器系の症状が出やすいということですが、悪心や眩暈などが特に多い症状とされています。
また、未成年が服用すると幻覚などの症状が出てしまうこともありますし、リスクが高いので病院ではあまり処方されません。

ちなみに、下痢は5.5%の確率で現れることが分かっていますが、基本的には軽い症状がほとんどです。
タミフルを服用して10分~数時間で下痢が出てしまった場合、この薬の副作用によるものだと考えられるでしょう。
もちろんインフルエンザによって下痢が引き起こされることもありますし、飲んですぐに発生したかどうかによって判断することがポイントです。

妊婦や授乳中の人、腎臓に病気がある人などが薬を服用したいという場合、ドクターに相談してみると良いでしょう。
タミフルを服用してしばらくすると下痢や胃腸障害などが酷くなってしまうこともあります。
症状の出方には個人差もありますが、下痢が出た人や悪心も出やすいとされています。
また、腹痛と同時に下痢が出てしまうという人もいますし、体調の変化に注意しましょう。

インフルエンザは薬を飲めば効率よく治すことができますが、服用について気になることがある場合はしっかりドクターに相談することが大切です。
気になる症状が出てしまった場合もすぐにドクターに聞いてみましょう。
ちなみに、インフルエンザは薬以外の方法で治すこともできるため、副作用が不安な場合はそのような方法を試してみるのがおすすめです。

幼児がインフルエンザになった場合、タミフルを服用することで症状が軽くなることもあります。
しかし、副作用として発疹や下痢などの症状が出てしまうこともあるのです。
幼児の場合は下痢ではなく腹痛や軟便で済むこともありますが、そのような症状が出てしまったら様子を見るようにしましょう。
また、タミフルの副作用で便の色が変わることもあるとされています。

下痢になったら脱水症状になってしまうこともあるため、冬でも頻繁に水分を摂取するようにしましょう。
服用後から症状が出てしまった場合は副作用の可能性が高いのですが、薬はしっかり飲まないと意味がありません。
もちろん副作用がひどすぎる場合はドクターとしっかり相談し、タミフルの服用を中止した方が良いでしょう。

きちんと水分補給をすれば下痢になっても3日程度は耐えられるとされています。
そのため最後までしっかり飲み切ることが大切です。
服用を続けるか中止するかは自己判断するのは良くありませんし、ドクターに相談すると良いでしょう。

ちなみに、インフルエンザによる腹痛や下痢などは体がウイルスと戦っていることで起こってしまう症状です。
そのため薬で無理に症状を止めようとするのは良くありませんし、栄養や水分をしっかり補給して薬の働きをサポートした方が良いでしょう。

タミフルの副作用で注意すること

タミフルは錠剤のため飲みやすいのですが、0.05%の確率で重篤な副作用が起こってしまうとされています。
未成年は特に副作用が起こりやすいため、基本的にこの薬を使うことはできません。
重篤な副作用の発生頻度は0.05%程度とされていますが、未成年が飲むと重大な事故に繋がってしまうこともあるので注意しましょう。

タミフルは一般的には安全な薬とされています。
しかし、薬なので副作用のリスクもあると知っておきましょう。
胃腸障害の男性タミフルの主な副作用は、下痢や胃腸障害、悪心、嘔吐、腹痛、頭痛、発疹などとなっています。
また、0.05%程度の確率でアナフィラキシーショックや肺炎、肝機能障害、急性腎不全、白血球減少、血小板減少、出血性大腸炎といった症状が出てしまうこともあります。

タミフルを服用して動悸や血圧低下、息苦しさ、全身の赤み、むくみ、血便などの症状が出てしまった場合、一時的に服用を中止した方が良いでしょう。
また、すぐに病院を受診した方が良いとされています。

タミフルは販売開始されてから多くの症例調査が行われており、安全性が高いことが分かっています。
副作用の発生頻度がそこまで高いわけではありませんし、正しい方法で服用すれば問題ないと言えるでしょう。

重大な副作用として意識障害や幻覚、妄想、痙攣などの症状が挙げられます。
眩暈や頭痛などは0.1%以上の確率で発生しますが、眠気や感覚が鈍るなどの症状は0.05%程度とされています。
タミフルを服用してなんらかの精神症状が出てしまった場合、副作用の可能性も考えられます。
不安を感じた場合はすぐに病院を受診すると良いでしょう。

タミフルなどの薬を服用した場合、経過をしっかり観察することが大切です。
ちなみに、副作用が起こりやすい年齢についてよく分かっていません。
未成年だから起こりやすいというわけではありませんし、成人でも副作用が出てしまうことはあります。
しかし、インフルエンザにかかりやすいのは幼児となっており、薬を使うことが多いので副作用も起こりやすいということです。

ちなみに、1歳未満の乳幼児や新生児に対する安全性は確立されていないため、この薬を使うことはできません。
タミフルを服用したら少なくとも2日間は体調の変化に注意しましょう。
65歳以上の高齢者と成人の場合も副作用の発生頻度に違いはないとされています。
しかし、一般的に高齢者は腎臓などの機能が低下しているため、副作用が起こりやすくなってしまうと言われています。

インフルエンザで病院を受診した時に治療中の病気や服用している薬がある場合、ドクターにしっかり伝えましょう。
また、タミフルを処方された時は用法用量をきちんと守ることが大切です。
服用中は体調の変化を観察し、異常が出てしまった時はすぐに病院を受診しましょう。

ちなみに、妊娠中や妊娠の可能性がある場合、薬を処方されないこともあります。
しかし、薬の有益性がリスクを上回ると判断されたら処方されることもあるでしょう。
妊娠の可能性があってもインフルエンザを治したいという場合、ドクターにそのことをしっかり伝えることが大切です。
また、授乳中にタミフルを服用する場合、薬の作用が出ている時は授乳を避けるようにします。

タミフル服用での胃腸障害について

インフルエンザの薬であるタミフルを服用したら、体の痺れや胃腸障害が出てしまったという人もいます。
タミフルを服用すれば、インフルエンザが通常よりも1~2日早く治るようになると言われています。
効率よく症状を治したい人に最適な薬なのですが、さまざまな副作用のリスクがあることも分かっています。
その時に起こりやすいのが痺れや胃腸障害などとなっています。

タミフルには痺れなどの副作用のリスクがあると言われていますが、そこまで確率は高くないとされています。
痺れが出てしまう確率は0.05%程度とされており、そこまで心配しなくても良いでしょう。
タミフルを飲んでから気になる症状が出てしまった場合、服用を一時的に中止するという方法があります。
基本的に服用を中止すれば症状は治まりますし、そこまで重大な症状が出てしまうことはほとんどありません。

薬を服用して直後に症状が出てしまった場合、薬による副作用と考えることができます。
また、インフルエンザの症状で痺れなどが出てしまうこともあります。
下痢や嘔吐が続くと水分が不足してしまいますし、それが痺れの原因となってしまうこともあります。
また、脱水症状や低カリウム血症になってしまうこともあるので注意しましょう。

タミフルにはさまざまな副作用が報告されていますが、胃腸障害の発生頻度は0.05%程度と考えられています。
服用してすぐに症状が出てしまった場合は注意しましょう。
胃腸障害が出てしまうと日常生活に支障をきたすこともありますし、痛みなどが辛い場合はドクターに相談した方が無難です。

インフルエンザの特効薬であるタミフルが安全な薬であるかどうかはまだよく分かっていないこともあります。
しかし、早めにこの薬を服用することにより、症状を軽減することができるとされています。
重症化が怖いという人もいるかもしれませんが、薬は副作用が不安だという人もいるでしょう。

ちなみに、インフルエンザは自然治癒できる病気と言われており、普段から病気に負けない体作りを心がけましょう。
副作用は幼児だけでなく成人でも起こってしまうことがあります。
また、妊娠中や授乳中の人、腎臓に関わる持病がある人などがタミフルを服用したいという場合、ドクターにしっかり伝えるようにしましょう。

タミフルは飲み合わせが危険な薬などはないため、現在飲んでいる薬があっても問題ないとされています。
咳が出るインフルエンザなどもありますが、タミフルには咳を止める作用がないため、別の薬を一緒に飲んだ方が良いでしょう。
また、うつ病などの精神的な病気の薬なども一緒に飲むことができます。
気になる場合は病院で相談してみても良いでしょう。

タミフルを飲むことでインフルエンザウイルスの増殖を抑えることができます。
しかし、副作用のリスクもあることを知っておきましょう。
また、タミフルを服用したら周囲の人がインフルエンザに苦しむ人を支えてあげることも大切です。

副作用が出た時の対処法

タミフルを服用すると発疹や下痢の症状が出てしまうこともあります。
発疹や下痢程度なら命に別状はありませんし、放置しておいても良いでしょう。
しかし、血尿や血便が出る場合などは重大な副作用の可能性もありますし、病院を受診した方が無難です。

また、悪心が酷くなると嘔吐と下痢を繰り返すこともあるので注意しましょう。
インフルエンザの症状として嘔吐や下痢などが出てしまうこともあるため、タミフルの副作用なのかはっきり判断できないことも多いです。
頭痛はタミフルの副作用として最も出やすいとされており、10人に1人はこの症状を感じると言われています。

ちなみに、タミフルはウイルスを殺菌する薬ではなく、あくまでウイルスの増殖を抑える薬となっています。
熱が下がってもインフルエンザが治ったというわけではないので注意しましょう。
また、低体温のまま長く放置した場合、呼吸まで止まってしまうということもあります。
そのためタミフルを服用したら体温が低くなり過ぎていないかこまめにチェックしましょう。

人によってはタミフルを服用すると幻覚を見てしまうこともあります。
はっきりとした因果関係は分かっていませんが、服用して48時間後くらいすると精神障害が出てしまうこともあるのです。
また、幻覚でなくても普段は見ないような悪夢を見てしまうこともありますし、夢と現実世界の境界が曖昧になるといった症状なども確認されています。

また、薬が体質に合わないとアナフィラキシーショックを起こすこともあります。
アナフィラキシーショックは薬物が体内に入った場合、体の中の免疫が薬を異物と判断して攻撃してしまうことで起こってしまう症状です。
アナフィラキシーショックによって蕁麻疹や痒みを伴う発疹が出てしまうこともありますし、悪化すると呼吸困難に陥ることもあるので注意しましょう。

タミフルの副作用はいろいろありますが、副作用が心配で途中で服用をやめてしまうのは良くありません。
タミフルはインフルエンザによる発熱を抑えることはもちろん、インフルエンザによる腰痛も治してくれるということです。
きちんと飲み切ることが大切なのですが、副作用が辛い場合は薬を処方したもらった病院を受診してみましょう。

ちなみに、下痢や嘔吐の症状が副作用として出た場合、止めようとするのではなく全て出し切った方が早く治るとされています。
これは体にとって有害なものを排出しているという状態であり、辛くても元気になるために頑張ってみると良いでしょう。
ちなみに、下痢や嘔吐が続いてしまった場合、高齢者は脱水症状で命を落としてしまうこともあるので注意が必要です。
水分をきちんと補給するようにしましょう。

タミフルにはさまざまな副作用のリスクがありますが、そこまで重篤な副作用が起きてしまうことはほとんどありません。
しかし、万が一のことも考えて同居する人がきちんと経過を観察しておきましょう。
インフルエンザにかかっていると免疫力が低下してしまうことはもちろん、体力や思考力も低下してしまいます。

関連ページはこちら