眩暈、ふらふら、鼻が痛い

インフルエンザが冬に流行する理由

冬になると必ず耳にするニュースがインフルエンザの流行です。
毎年指定された定点医療機関の患者数を把握して、一定数を超えると注意報や警報を出すことになっています。
インフルエンザは冬に流行する感染症です。

春から秋にかけてはインフルエンザについてあまり聞くことはありません。
冬になると流行するのにはいくつかの理由があります。

その一つは湿度です。冬になると気温が下がります。
そのため空気中に含まれる水分が少なくなり湿度が下がって乾燥した状態になります。
高温多湿を嫌う細菌が活性化して繁殖し始める湿度は40%以下です。湿度が低いことで空気中にいろいろな異物が含まれて飛散します。
インフルエンザは飛沫感染などで感染しますが、乾燥していることで咳をした時の飛沫も遠きまで届くようになります。
冬は空気が乾燥しやすいため、感染しやすい条件が整っている季節と言えます。

気温が下がることで体にも影響があります。細菌が体内に入った場合でも免疫機能が正常な場合、感染することはありません。
ただし免疫機能は体温に大きく影響を受けます。体温が高ければ抵抗力が強くなり、感染することはありません。
体調不良の時に高熱が出るのは免疫機能が正常に働いている証拠です。冬には外気温が下がるため体温も低くなります。
そのため最近への抵抗力も下がり、免疫機能が正常に働かなくなります。

汗をかかないことも理由の一つです。
暑い季節は汗をかくため喉が渇いてこまめに水分補給をします。そのため体内の水分量は高く維持されます。
冬になるとほとんど汗をかかないため水分補給がおろそかになります。そのため体内の水分量が低下します。
体全体が乾燥した状態になり喉や鼻の表面を覆う粘膜が薄くなり十分な量が保てなくなります。
通常粘膜は異物を絡めて体外に排出する働きをしています。その粘膜が正常に機能しないと異物が鼻や喉に付着することになります。
それによってインフルエンザなどの体内への侵入を簡単に許してしまうことになります。

免疫機能が低下すると色々な感染症になる

人の体の中にはたくさんの菌が生息しています。このような菌を常在菌と言います。
常在菌には良いものも悪いものもありますが、免疫機能が正常に働いている時には一定の割合で抑えられているため問題ありません。
常在菌のうち悪いものは繁殖能力が高いためいつでも増殖する機会を狙っています。それを増殖しないように抑えているのが免疫機能です。

免疫機能の働きは、ストレスや不摂生、体調不良などにより正常な状態を保てなくなり低下します。
免疫機能が正常に機能しなくなると抵抗力が低くなり、感染ししやすい状態になります。
こうなると、普段抑えられていた常在菌のうち、悪い影響をあたえるものが繁殖します。
そのため外部からの感染ではなく、体内で感染することになります。これを日和見感染と言います。

日和見感染には、レジオネラ肺炎や緑膿菌感染症、カンジダ症、ヘルペス感染症などがあります。
これらは普段は免疫機能によって抑制されている常在菌が増殖することによって感染したものです。
抵抗力が下がるとこのような感染が多くなります。

そのほかにも外部からの侵入も容易になります。
普段は異物などが鼻や喉の粘膜に付着しても、免疫力によって感染を防いで、体外に排除されます。
免疫機能が低下することでそのような働きがうまく働かなくなり、感染しやすくなります。

空気中には普段からいろいろなものが含まれています。その中には病原体も含まれます。
そのため常日頃から病原体と接触しています。それでも感染しないのは免疫機能の正常な働きによるものです。
このようにして感染症が起きないようになっていますが、それができなくなるということは空気中にいる病原体のどのようなものにでも感染するリスクが発生します。