眩暈、ふらふら、鼻が痛い

インフルエンザと風邪の違い

インフルエンザと風邪は、まったく違うものです。
インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染して引き起こされるのに対して、風邪を引き起こすのはインフルエンザウイルス以外の様々なウイルスです。
風邪の原因になるのは、ライノウイルス、コロナウイルス、アデノウイルスなど、数多いです。
ちなみに、アデノウィルスは、プール熱を引き起こすウイルスとしても知られています。

インフルエンザウイルスに感染した時は、風邪にかかった時と比べて、急に症状が悪化します。
風邪とインフルエンザの症状の違いは、風邪の症状が咳や鼻水といった、気管に関係するところに出るのに対して、インフルエンザでは全身に出ます。
代表的なインフルエンザの症状は、38℃以上の高熱、全身の関節痛や筋肉痛、全身倦怠感や頭痛、鼻水、咳などです。
風邪の原因になるのは様々なウイルスなので、1年中風邪にかかる可能性があるのに対して、インフルエンザウイルスは寒さと乾燥が得意なので、冬が流行のピークになります。

また、症状も重症化しやすく、特に幼児と高齢者は注意が必要です。
幼児はまだ体が出来上がっていないことが多く、十分な免疫力がないため、症状が重くなりやすいのが特徴です。
また、幼児自身が関節痛や筋肉痛などの、初期症状を感じていない事があり、突然高熱を出してしまう事もあります。
最悪の場合、脳炎にもつながることがあるので、幼児へのインフルエンザ感染は要注意です。
高齢者の場合、肺炎や気管支炎などの、慢性的な呼吸器疾患を持っている場合があり、インフルエンザの感染により、さらに症状が重症化しやすいです。

また、免疫力も落ちているため、合併症を引き起こしやすいので、それに対しても注意が必要です。
合併症としては、インフルエンザ肺炎、脱水症状、心不全症状、認知症の悪化などが代表的です。
高熱や鼻水は、インフルエンザに感染すれば、多くの人に出る症状です。しかし、幼児と高齢者は重い症状に繋がりやすいので、特に注意が必要です。

インフルエンザとは違い風邪には特効薬がない

最近では、インフルエンザに対しては、流行のピーク前に予防接種を打って感染を防ぐことができます。
また、有効な治療法も確立されているので、症状が比較的軽い間に病院や診療所に行き、治療を受ければ回復は早くなります。
しかし、インフルエンザと違い、いまだ風邪には有効な治療法がありません。
インフルエンザと違い、風邪の原因になっているウイルスには数多くの種類があり、病院や診療所で原因となっているウイルスをすぐに特定することは、なかなか難しいことです。

そして、仮に、検査で風邪の症状の原因となっているウイルスを特定できたとしても、検査が終了するころには、体に備わっている免疫機能が、風邪のウイルスを撃退し、体を治しています。
風邪のウイルスを撃退する、確実な治療法は今のところありません。

また、風邪の症状だけを抑えてしまうと、体の免疫機能がうまく働かなくなってしまい、かえって長引いてしまう可能性があります。
風邪にかかった時には、体はあまり動かさないようにし、休息と睡眠をよく取り、ビタミン豊富な食事にすることが有効的です。
インフルエンザウイルスのピークは冬ですが、風邪にはどの季節でも感染する可能性があります。
風邪の感染を防ぐためには、普段から休息や睡眠をよく取り、栄養バランスが良い食事にしておくことが重要です。

また、体が冷えすぎると、ウイルスに対する抵抗力が弱くなり、風邪にはかかりやすくなるので、夏のクーラーの当たり過ぎなどにも、注意が必要です。
人間の身体は、風邪にかかって多少の熱を出す事で、免疫機能を強めていっていますので、過度の心配は必要ありません。
また、抗生物質はあくまで細菌に対するものです。
ウイルスには効かないので、風邪とインフルエンザ、どちらの治療法にもなりません。